エコロギフトとは

日本で木を植えるということ

日本人と森
エコロギフトは、日本での植樹にこだわっています。日本にはもともと、豊かな自然の森があります。日本人は古くから、さまざまなかたちで森を利用してきました。食べ物や燃料といった生活に必要なものを得る場として。
また、宗教や癒し、遊びの空間として。日本の原風景といわれる農村での暮らしも、農作物の生産と森林の利用・管理が一体となることで成りたっていました。日本人にとって、森林はただ“もの”として役に立つだけではなく、“こころ”の安らぎのためにも大切なものなのです。

日本の森の問題点
ところがこのところ、荒れた森が目立つようになってきました。たとえば、手入れがされなかった人工林。戦後、木材をつくるため、その土地にもともと生えて いた木を伐り、スギやヒノキ、マツなどの針葉樹がたくさん植えられたのですが、そのあと間伐などの手入れがされないままになっているところがあります。また、伐られたあとも木が植えられず、放置されている森もあります。それは、化石燃料と化学肥料が使われることが多くなり、薪炭林や入会林の利用が減ったことや、外国材の輸入が急激に増えて、国内の林業がふるわなくなったことが主な原因です。いま山村は、過疎化と高齢化に悩んでいます。森が荒れることで、 生態系が変化したり、土砂崩れが起きやすくなるなどの影響が出てきています。

荒れた森
【荒れた森】間伐などの手入れがされていないため、生命力が弱くなっている。
豊かな森
【豊かな森】適切に間伐され、光が地面まで届くので、明るく、生命力の強い森が育っている。

エコロギフトの願い

豊かな森を取りもどしたい。そう考えるエコロギフトは、伐りどきをすぎた人工林など、森林機能を再生させる必要がある土地を選んで植樹しています。日本は複雑な地形をもち、変化に富む四季のある国です。そのため、その気候や文化は多様性に満ちています。植える木の種類も、その土地にあったものを選ぶこと で、その土地ならではの自然やくらしに役立てることを大切にしています。

現在は、日本ユネスコ協会連盟ともに、世界遺産で有名な白神山地周辺で環境保護活動を行っています。

豊かな森で、日本を、そして地球を元気にしたい。
それが、エコロギフトの願いです。