CSR活動について

CSRとしての植樹活動

エコロギフトは植樹10本から始められる環境活動です。

CSRを始めるにあたり、大切なことは「できることから始め、わかりやすく伝える」ことだとエコロギフトは考えています。

私たちは、「わかりやすい活動」として植樹を通じた環境活動をご提案します。
CSR活動を伝えていくのにあたり、植樹には、苗木が植えられ森が育つといった成果を受け手がすぐにイメージできるという、大きなメリットがあるからです。
しかし、企業・団体様がご自身で植樹を継続的に行うには様々なハードルがあります。
そこでエコロギフト法人サービスは、そのハードルを解決し活動を伝えるお手伝いをいたします。
植樹10本から可能な環境活動で、CSR活動を始めませんか。

エコロギフトの「植樹」は、導入しやすい環境貢献活動です。

植樹活動におけるハードル  

エコロギフトの植樹なら…

土地がみつからない

植樹場所はエコロギフトが選定・確保(基本的には公有林で実施)

コストがかかる

予算に合わせて実施可能。植樹10本から始められます。

人手が足りない

植樹や森の保全活動は専門スタッフが代行。ご希望の場合は参加も可能。

透明性や信頼性が心配

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟と提携し、相互監査を実施。透明性・信頼性の確保に努めています。

「植樹」と「環境コミュニケーションツール」をセットに。

「環境コミュニケーションツール」として、
活動を効果的に伝える企画とアイテムをご提案いたします。

<商品プラン例>
植樹のレポート原稿を提供
植樹活動や現場の様子を伝える写真データの提供
<オプション例>
植樹をからめたキャンペーン企画の立案・実施
ウェブサイト等広報コンテンツの企画・制作

環境コミュニケーションとは
企業と消費者、地域社会、従業員など、さまざまな関係者との間で、環境保全への取り組みや環境負荷に関する情報などについて、効果的な受発信や対話を行うことであり、企業にとっても企業価値を高めるものです。